水素水を選ぶ時のポイントは

健康や美容のために、生活に取り入れておいて損がないのが水素水です。ただ、市販の水素水だけでも様々な種類のものが販売されており、その中からどれを選べば良いか迷うという人もいるでしょう。

水素水選びで迷った時は、溶け込んでいる水素の濃度、そしてコストパフォーマンスに注目をしておくことがおすすめです。
濃度を示す単位で代表的なものは、1リットルの水に対しどれだけの水素が溶け込んでいるかを示すppmです。1ppmと表記されていれば、1リットルあたりに1mgの水素が含まれているという形になります。
溶け込んでいる水素の量は水素水によって異なりますが、1ppm前後の水素が溶け込んでいれば、飲むことによってしっかり水素を摂取できると考えておいて良いでしょう。
濃度は少しでも高い方が良いと考える人もいますが、常温の水の中に溶け込むことができる水素の量には限りがあるため、濃度の高さを求めるよりも、必要な水素がしっかりと溶け込んでいるかどうかを考えておく方が良いでしょう。

高い濃度の水素が溶け込んでいても、空気に触れると徐々にその濃度は下がっていくことになります。高濃度の水素水を始める場合は、開封したらすぐに飲むなど、少しでも水素量が多いまま飲み切ることを考えておくことがおすすめです。

そして、水素水の健康サポート効果などを実感したい時は、一時的に飲むのではなく毎日継続して飲み続けていく方が効果的です。それだけに、これから水素水を始めるのであれば、水素の濃度は勿論毎日飲み続けていくことができる価格帯かどうかにも注目をしておくことがおすすめです。
コストパフォーマンスが良い状態で水素水を飲み続けたいという場合は、市販の水素水ではなく、水素水サーバーやスティックの活用を考えてみるのも良いでしょう。サーバーなどの導入には初期費用がかかることになりますが、設置をすればその後はいつでも出来立ての水素水を飲むことができるようになります。

Filed under: 水素水の選び方