水素水を選ぶときに注目したいこと

市販の水素水は、容器や水素濃度など製品によってさまざまです。
水素水を選ぶときに重要なことが水素濃度です。
水素を体内に摂取しても抜けやすく、呼気中の水素濃度のピークは摂取10分、1時間ほどで摂取前の呼気中水素濃度に戻ってしまいます。そのため、出来るだけ体内で高い濃度を保てるように、水素濃度の高い水素水を選んでみましょう。
水素水のパッケージには水素濃度が記載されていると思います。この水素濃度の読み方ですが、充填時の水素濃度が記載されていることが多くあります。一気圧での最大水素濃度は1.6ppmです。充填時には圧をかけることで1.6ppm以上の濃度にすることができますが、時間の経過とともに容器の飲み口などから水素が抜けて、1.6ppmほどにまで下がってしまいます。
記載されている水素濃度は充填時のもので、実際飲むときの濃度とは違っていることがあるのです。実際飲むときの濃度を知りたい場合はメーカーに問い合わせてみてください。
また、製造後できるだけ長期間高濃度の水素を保てるようなパッケージを使用しているものを選ぶとよいでしょう。
水素が抜けにくいパッケージは、アルミパウチやボトル缶です。時間の経過とともに空気中に水素が抜け出ていくため、ボトル缶の場合は容器内の空気が入っているすき間に水素が多少抜け出てしまっている可能性があります。このような問題点を解決するために、ボトル缶いっぱいに水素水を充填している製品もあります。
また、アルミパウチやボトル缶はフタと容器のすき間から水素が抜けて出ていくこともあります。そこで、できる限りフタと容器とのすき間を作らないようにしている製品もあります。
こういった容器の工夫をしている水素水を選ぶこともおすすめです。
水素水を長期間飲み続けるなら味にも注目してみましょう。日本の水は軟水で普段飲み慣れている軟水だと、水素水を抵抗なく飲めると思います。硬度の低い天然水や純粋など使用している水素水があります。

Filed under: 水素水の選び方